薬丸裕英の娘・れみの大学と子供の年齢が判明!?性格が嫌いと言われる理由とは!?

m93-3366-160615薬丸裕英さんはシブがき隊として活躍してから現在では司会業もこなすなど多才な活動をしていますが、

薬丸さんは子だくさんとも言われています。元歌手の石川秀美さんと結婚し現在でも夫婦円満だそうですね。

長女れみさんは大学に進学する位の年齢だとのこと。子供は現在5人もいるんだそうですね。しかもそれぞれの子供は様々な活躍しているとのこと。

また、薬丸さんに対して性格嫌いとウワサされているのはなぜでしょうか。詳しく調べていきたいと思います。

sponsored link

薬丸裕英の娘・れみの大学と子供の年齢が判明!?

薬丸さんには5人の子供がいる事で知られていますね。長女のれみさんはタレントとして活動しているそうです。留学も経験しているとあって国際色豊かですね!

QVFGUgs2n5iZNbV_rTbb7_198

長女れみさんの経歴を見てみようと思います。

タレントの薬丸裕英・石川秀美夫妻の長女・Remi(17)が、10月からスタートするBS放送TwellVの新番組『Hawaii × Hawaii』とシンガポールのケーブルテレビ局Star Hubの新番組『Welcome Nippon』(チャンネル『Hello! Japan』内/シンガポールのみで放送)で日本と海外同時デビューすることが19日、わかった。

日本と海外両方でデビューするという才女のお嬢様ですね!
れみさんの高校はどこかというと、

和光学園高等学校

だそうです。
そして大学に進学したらしいのですが大学名までは明らかになっていないようですが、国内の

大学の可能性が高いのかな思いました。(あくまで推測ですが・・・)

また、長男の薬丸翔さんは現在俳優をしているんだそうです。劇団を立ち上げて独立して頑張っているのだそうで、

次男と三男サッカーをしていてプロを目指しているほどの腕前のようです。これらの経歴を見ると子供たちは多才ですよね。

ここまでするとやはりお金というのがかかると思いますが、薬丸さんは年収1億あるといわれているとのこと。すごいですね(笑)

そんなやっくんですが奥さんもそこまで育て上げたバイタリティもすごいと思いますね!

そして子供が生まれた年がコチラ

長男1990年生まれ
次男 1993年
長女 1996年
三男 1999年
次女 2008年

引用:ヤフー知恵袋

5人も育てるのは本当にすごいと思います。それなりに養育費もかかるでしょうね。

sponsored link

性格が嫌いと言われる理由とは!?

ネット上でこのようにウワサされる理由はなぜでしょうか。詳しく見ていくと・・・

はなまるカフェでゲストが出たときにさりげなくゲストの親の職業を
聞いたりしてそれがけっこうステイタスのある職だと本当に真顔で
「ふ~~~ん」ってつまらなそうな表情になる。
出世しても出自までは変えられないから嫌なキモチになるなら聞かなきゃいいのに。

根っから性格悪いんだよね。若い頃からそんなところがボロボロ出てた。
アイドルなんて女の子敵にまわしたらおしまいなのに
「ブスは無理」「ブスは存在が許せん」みたいなこと言い放ってた馬鹿でもある。

このように言われてしまっているようですが、一見薬丸さんは真面目な感じに見えますが、実は昔結構やんちゃだったらしいですね。

なので結構見た目とのギャップがあるのかもしれません。あくまで推測ですが・・・。あとは負けず嫌いだからという噂もあるようです。

「薬丸さんがプロデューサーに『番組が終わることなんて聞いてないぞ』と激怒したんです。聞けば、『週刊文春』(文藝春秋)の記者に薬丸さんが直撃されたそうです。こっちも7日の文春に記事が出ることを知って、慌てて6日に番組終了の発表をしたので、薬丸さんにだけ隠していたわけではなかったんですが、問題は岡江さんが親しいディレクターから終了を聞いていたことでした」

ただ実際には丁寧で常識があるとも言われているようです。
ただ、ネット上ではアンチが多く存在して見えるのは確かのようですね。

薬丸さんの性格自体は実直と言われているそうなのですが、逆に言うと裏表なく接しているという事なんでしょうね。

あの3人の中では、そういうキャラ(やんちゃ)でした。

もっくんは正統派アイドルでしたし、ふっくんはちょっとお笑い系、頼りない系の役どころでしたから。

ワイルド、オレ様系の役回りはヤっくんに多かったです。

当時から声は異常に低かったし、わざとかも知れないけどちよっと乱暴な言い回しをしてることが多かったですよ。
レギュラーラジオなんか、自由に話してましたよ~。

引用:ヤフー知恵袋

当時から性格が変わっていないという事でしょうか。

ということで以上です、ありがとうございました。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする